災害時に役立つコラム

無停電電源装置とは?

無停電電源装置とは?

  • 無停電電源装置とは、UPSとも呼ばれ、停電やブレーカー断、瞬時電圧低下などで電源に異常が発生した場合でも、接続された機器に対して一定時間停電することなく、電力を供給し続ける電源装置のことです。

    例えば、パソコンを使用している際に、雷などにより急な停電が発生すると、パソコンの電源が落ち大切なデータを失ってしまったり、機器が故障してしまう場合があります。 無停電電源装置に接続していると、停電になった際でもパソコンに電力を供給し続けるので、パソコンを強制終了することなく、余裕を持って終了させることが出来ます。 電力を供給できる時間は、無停電電源装置の機種によっても異なりますが、数分間〜30分程度のものが多いです。

    また、雷対策で無停電電源装置を使用する場合、雷サージ保護機能がない無停電電源装置もあるので、その場合は別で雷サージ対策を行う必要があります。

  • 無停電電源装置とは?

無停電電源装置の商品を探す
無停電電源装置の商品を探す

無停電電源装置の方式

無停電電源装置には大きく3つの給電方式があります。

安定と信頼の高品質な電源供給であれば「常時インバータ給電方式」、低価格でシンプル機能の電源供給であれば「常時商用給電方式」、これら二つの方式の中間的なものであれば「ラインインタラクティブ給電方式」となります。

それぞれ長所と短所がありますので、用途に合わせて選択下さい。

【常時インバータ給電方式】

商用電源(一般家庭の電源など)が正常なときは、交流入力をいったん直流に変換して、常にバッテリ(蓄電池)に充電しながら、インバータによって再び交流へ変換し電源を供給します。

停電などで商用電源に異常が発生したときには、無瞬断でバッテリ(蓄電池)から電力を供給します。

○常時インバーター給電方式の長所
  • ・停電時にも瞬断(数マイクロ秒から数百マイクロ秒の短い時間、電力供給が絶たれてしまうこと)がない

  • ・ノイズが流れにくい

  • ・定電圧定周波出力を常時安定供給

○常時インバーター給電方式の短所
  • ・大型機器、高コスト

  • ・常時、一定の電力ロスが発生

○常時インバーター給電方式の用途
  • ・サーバなどで瞬断や小さな電源トラブルも許さない環境での使用

  • ・オフィス内などの比較的電源変動がある場所での使用

【常時商用給電方式】

商用電源が正常なときは、交流入力をそのまま接続機器に電力供給をしながら、万一に備えて、バッテリ(蓄電池)へ充電しながら待機します。

商用電源に異常が発生した瞬間に、バッテリ(蓄電池)から電力供給に切り替えます。

○常時商用給電方式の長所
  • ・シンプル機能、低コスト

  • ・電力ロスが少ない

○常時商用給電方式の短所
  • ・停電切り替え時に瞬断が発生する

○常時商用給電方式の用途
  • ・パソコンやルータなどの小電力負荷への使用

  • ・電圧変動の少ない電源事情の環境での使用

【ラインインタラクティブ給電方式】

商用電源が正常なときは、交流入力をそのまま接続機器に電力供給をしながら、万一に備えて、バッテリ(蓄電池)へ充電しながら待機します。

一定範囲(約82〜120V)内の電圧変動時には、電圧調整機能により、100V±10%に制御します。商用電源に異常が発生した瞬間に、バッテリ(蓄電池)から電力供給に切り替えます。

○ラインインタラクティブ給電方式の長所
  • ・比較的シンプルで低コスト

  • ・電力ロスが少ない

  • ・電圧調整機能がある

○ラインインタラクティブ給電方式の短所
  • ・停電切り替え時に瞬断が発生

  • ・電圧変動の多い場所ではバッテリ(蓄電池)の消耗が早い

○ラインインタラクティブ給電方式の用途
  • ・パソコンやルータなどの小電力負荷への使用

  • ・電圧変動の少ない電源事情の環境での使用


関連特集一覧

  • 備えて安心防災対策特集

    備えて安心防災対策特集

    毎年9月1日は防災の日で、防災の日を中心とした1週間が防災週間となっています。防災グッズの準備や点検を行い、家族で防災や防災グッズについて話し合いをするなどして、災害についての認識を高めましょう。

  • 非常持ち出し品

    非常持ち出し品

    非常持ち出し品とは、災害時に被災地に救援物資が届くまで自足してししのぐために必要なものになります。(救援物資が届くまでおおむね3日間と言われています)

  • 地震対策グッズ

    地震対策グッズ

    あなたは突然の地震に備えてなにか準備していますか?いつ起こるか分からない地震に備えて日ごろから準備しておきましょう。 地震対策に必要なものをご紹介します。

  • 火災対策グッズ

    火災対策グッズ

    「住宅用火災警報器」は平成18年6月1日に“新築住宅”での取り付けが義務付けられました。
    (東京都では平成16年10月1日)
    義務付けられてから10年が経過し、そろそろ取り換える目安の時期になりました。
    この機会にしっかりと点検をしておきましょう。

  • 落雷・豪雨対策グッズ

    落雷・豪雨対策グッズ

    突然の落雷に備えていますか?いつ起こるか分からない落雷・雷サージに備えて、雷サージ対応のアイテムで雷対策!オススメの雷サージ対応電源タップと雷サージ保護付きUPSのご紹介です!
    また、突然のゲリラ豪雨もここ近年多くなってきていおりますので、対策グッズをご紹介。

  • 空き巣に注意!防犯グッズ

    空き巣に注意!防犯グッズ

    ドアモニター、防犯カメラ、センサーライトなど、防犯に役立つグッズを集めました。

  • 防災グッズとして備えているものは?みんなどうしてる?ECカレントアンケート調査

    防災グッズとして備えているものは?みんなどうしてる?ECカレントアンケート調査

    防災グッズとして備えているものは?1000名に聞いてみました!

▲ PAGE TOP